カテゴリ 新着記事 最近のコメント リンク集

2008年08月01日

未だかつてなかった

また面接いってきた。
また事務。
今回は建設業の事務。


未だかつてない面接のノリだった。

相手がオドオドなのである。


聞けば、今まで女性を採用したことがないという。
建設業といっても、いわゆるドカタの職人さんたちを抱えてる会社で、
規模は小さめだが、もちろん女性は誰もいない。



「男ばっかりですけど、それは大丈夫ですか?」

「事務所の2Fが寮になってるんですけど、それは大丈夫ですか?」




そんなの承知で応募してんのに聞いてくれるなとwww






そして一番笑ったのが、面接でお茶が出てきたとき。

「お茶でいいですか?お茶しかないんですよね」

「あ、はい。ありがとうございます。いただきます。」
(お茶しかないなら聞くなよwww)




冷蔵庫を開ける瞬間を目撃。

すると。。。





瓶ビールの数がSUGEEEEEEEE!





さすがドカタだなと思いました。
事務所の冷蔵庫に瓶ビールが大量にあるとは。
まじで未だかつてない面接。
おもしろかったです。

posted by αяцяц at 13:39 | 東京 ☁ | Comment(22) | TrackBack(5) | Diary

2008年07月21日

出遅れすぎた

体重が減っていました。
これ以上減ることはないだろうと思ってたんだが、うかつでした。
ショックのあまり、おやつを食べながら今ブログ書いてます。



近頃アニメのOP曲やらエロゲのOP曲ばっかり聴いていたので、
久しぶりに洋楽を聴くことにした。
本来ならぼくは邦楽より洋楽好きなのです。

最近は何が人気あるのかなー。
とりあえずランキングに入ってるものからチェックしてみたが、
特に゚+.(ノ*`・Д・)ノ*.オオォォ☆゚・:*☆ってのはなかった。



ただちょっと気になったのがコレ。





なんかサウンドがイイ意味で古く感じる。
きらいじゃないですこの類。

posted by αяцяц at 13:05 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

2008年07月04日

まさかの(ry

今月1日から仕事を始めたぼくでしたが、
昨日付けで仕事を辞めてきた。


まさかのスピード退社である。




理由はただ1つ。

強制の休日出社である。






1日に入って早々、全体朝礼というものに参加した。
「13日は各自体調を整えておくように。以上。」
幹部からのお言葉だった。

なんのことかわからず、先輩に聞いてみると、
「この会社たびたび休日出社があるの。13日は掃除のあと飲み会だって。」とのこと。

まぁある程度覚悟はしていた。
とりあえず1回ぐらい参加するか。。。と思っていたが、
2日に出社してみると、先輩からまたあるお話を聞いた。

「なんか今月の27日も休出みたい。BBQだって。」




幹部さんがクルーザーを所持しているらしく、
早朝から狩り出されそのクルーザーとやらでブーンし、
夜にBBQワーイ!
というプランだそうだ。


少なくとも会社全体であるイベントとして年間通して
【忘年会】
【新年会】
【歓送会】
まぁこれぐらいなら絶対参加でも問題ない。

だがしかし、
意味のない道楽に度々付き合わされなきゃいかん理由を教えてくれ。
ただでさえぼくは「みんなで○○♪」なノリが大ッキライなんだ。
だいたい休出手当がつかないのに強制で拘束なんて許されんのか?
手当が出ないんじゃ「出勤」でもなく、
確実に自分にとって「休日」にもならんじゃないか。
ふざけんなよまったく。





ということでこれがスピード退社を決意した理由。
勘弁してほしいぜこんなノリ。。。



posted by αяцяц at 07:54 | 東京 ☁ | Comment(11) | TrackBack(0) | Diary

2008年06月29日

まさかのくっきんぐ(その2)

前回『その1』とやってしまったばっかりに、
1回で終わらせるわけにはいかなくなってしまった。

という自分を追い込む作戦である。
狙い通り。




最近はちょくちょく暑い日があったりするね。
そこで作るのは冷製パスタなのだ。

料理めんどくさい→パスタでいいや
という流れは誰しもにあるパターンだと思われるが、
暑い日にあったかいパスタを食べるものウーンって場合に作る。
しかもフライパン使わないってのがまたイイ!!
洗い物は少ないに限る。




ぼくが作ったのは、
以前に知人のお店で数回食べたことがある塩昆布の冷製カペリーニでーす。

食材はかなりシンプル。
・さいころトマト
・塩昆布
・輪切りピーマン

以上。。。


パスタ普通に茹でて、具と混ぜるだけ。
最後にオリーブオイルかけるとさらにうまい。
あ、塩コショウとかはフツーにするけどねっ!!

で、できたのがコレ。


塩昆布.JPG


知人のお店で食べたのは真鯛の切り身がのってたけど、
ぼくんちにそんなものはありまてんので。

ぼくはこれを知人の店で食べるまでは
「昆布」というものを全般的に嫌っていたわけなんだが、
この冷製パスタの場合塩昆布は欠かせない!!!

とてもうまいっす。




posted by αяцяц at 00:32 | 東京 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | Diary

2008年06月20日

まさかのくっきんぐ(その1)

異常に書く事がない。

いや、あるっちゃあるんだけど。
mixiもブログもあるとやはりどっちかに偏る罠。



ということで、

「え!料理とかできたの!?」


というギャップを今日は見せつけてやろうじゃないか。





最近の我が家は、
ぼくがのめりこんでるMMOも特になく、
オフゲすら特になく、
ぽっかーんとしていることが多いのをいいことに、

夕飯は当番制

という、
料理嫌いのぼくにとってまさに痛恨のルールが出来上がってしまった。

が、料理がキライなだけであって、
決してデキナイわけではない。





最近ぼくがハマっているのはタコライスである。


タコライスというのは沖縄料理の1つで、
ごはんの上にタコスの具となる素材がわっさーと乗っている感じ。
食べるときはそれをぐっちゃぐちゃに混ぜていただきま。

こいつは手間がかからん上に見た目がわりとマシ。
で、ご飯モノだから結構腹一杯になる。
というスグレモノなのだ。


タコライスの具となるタコミート(挽肉)は
チリパウダーとか使って炒めると非常に美味というかそれが本来の姿なんだが、
そんなものが一般家庭にあるわけもなく。
少なくとも母娘共に料理が好きじゃない我が家にはない。

仕方がないのでケチャップとウスターとタバスコとかそんな感じでテキトーに炒めた。



ぼくがタコライス作るときの具は、
・タコミート
・玉ねぎみじんこ切り
・さいころトマト
・レタス千切り
・温泉たまご
・パルメザンチーズ(最後にぶっかける用)


最低限こんなもん。
チーズはほんとーはチェダーがいいんだが、
当然我が家にはそんなもn(ry




というわけで出来上がったのがこれっ!!

たこらいす.JPG


どうだ!
やれば出来る子なんだっ!!


え、ドンタコスが乗ってるじゃねーかって?
食べる時にこれをちっちゃく割って混ぜて食うとうまいんだぜ。






うん。そもそも「料理」と言っていいんだろうかという手軽さ。

ふつーにうまかったです。

posted by αяцяц at 03:08 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | Diary

2008年05月14日

ベランダの客人

最近ぼくのうちのベランダに毎日通ってくれるお客人がいる。


紹介します。


にゃんたJPG


にゃんたです。






ママンがベランダで木だの花だの育ててるんだが、
その植物たちにあげる用の水をバケツに入れておいてある。

その水を、にゃんたは飲みにくる。


最近は、水じゃアレだし牛乳を少し置いておくことにしてみた。


でもバケツの水を飲む。
ガブ飲みである。

あごの毛が水浸しである。



毎日来てくれるからそろそろ慣れてくれてもいいのに、
やっぱりまだ近付こうとすると逃げる。

なのでこの写真は網戸越し。
この距離がマジギリギリのライン。




そろそろにゃんた用のお皿を買ってあげようかな。
posted by αяцяц at 23:37 | 東京 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | Diary

2008年04月30日

近況。

ゲームとアニメの話題しか最近ないこのブログ。

しかしこれでもちゃんと面接いったりしてるのであるます。




そんなある日。
ってゆか今日。

朝7時頃に母親に起こされた。


母:「ねね!ファックスきてた!」



とのこと。






というのも、昨日こんな出来事があった。

午前中に数回、午後数回、珍しく家電がよく鳴った。
「どうせセールスでしょセールス」と母と言いながらオールシカトだったんだが、
どうやらその電話はぼく宛ての電話だったらしい。


こないだ面接受けた会社からのね。




てっきりケータイにかけてくると思ってたんだが。。。
とりあえず家電は全シカトだったもんで、ファックス送ってきてたらしい。

そしてファックスの内容はコレである。



先日は面接にお越しいただきありがとうございました。
明日30日、再面接にお越しいただきたいので、ご連絡下さい。
本日、7時以降でしたら私の携帯にお願いします。
090-XXXX-XXXX










遅いよね




29日中に連絡くれって意味じゃんね。
何時でもいいから29日中に絶対連絡ほしい!って感じじゃんね。
でももう今日30日じゃんね。
しかも今日再面接したいって言ってるじゃんね。


まさか自分も選考対象だったなんてー。
一般常識問題的に出たテストに因数分解あって白紙のまま出したのになー。
しかもかなりの人数が面接にきてたみたいだし、
採用枠2人とかみたいだし、
絶対むりむりーo(・∇・o)(o・∇・)oと思ってたんだけどなー。



いやー失敗したなー^^!





ということで次いきm(ry

posted by αяцяц at 22:49 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | Diary

2008年04月27日

オーディンスフィア

アニメの報告ばっかりのブログだったのが、
最近ではPS2の報告ばっかりになってきたこのブログ。。。

今回はオーディンスフィア終わらせました。



主人公が5人のマルチエンドタイプのアクションRPG。
アクションと言ってもかなりぬるい横スクロールタイプ。



このゲームのウリはなんといっても映像くおりてぃー!

今までやってきたRPGの中で一番かわいいんじゃないだろーか。
ぼく的に聖剣を越えた。
なので逆に言えば男の子向けじゃない気がする。



ストーリーは一応北欧神話を元にしてるぽい。


ラグナロクの前兆とされるフィンブルの冬
世界樹であるユグドラシル
ユグドラシルの根をかじるニーズホッグとか登場してくる。

それだけ聞くと世界観はヴァルキリープロファイル的なあれか?と思いがちだが、
そこまでどっぷり神話の世界でもない。




あとはやっぱ豪華な声優勢だ。。。

5人の主人公のうちの1人でワルキューレのヴァルキリーは、
その声優があの「ヴァルキリープロファイル2」のシルメリアの声だったり。
ヴァルキリーだけに!なんというシンクロ!1


あと印象的だったのは鎖使いの赤い服の魔女。
声がローゼンメイデンの真紅だった。
赤い服だからかしら。。。(違


ほんと、何度も思うが最近のゲームは声優さん豪華だなー。。。
ゲームにはもったいない!って人ばっかり。





全くこのタイトル知らなかったんだが、
げーむ屋さんで敢えてジャケ買いして個人的にすげーいい買い物した。

なにしろもーほんと絵がかわいい。
ストーリーもぼく的にはよかったけど、それより絵が(ry




このゲームはキャラレベルって概念がなくて、
武器のレベルとHPのレベルで構成されているんだけども、
HPのレベルを効率よくあげる場所として「料理屋」と「カフェ」がある。
いわゆる、レシピをとって素材をドロップして集めたりして持ってくわけだが、
もーそのカフェが異常にかわいい。
絵懲りすぎ。やばい。




かなり楽しめたのでもう1周ぐらいしてもいいなと思うタイトルだた。


posted by αяцяц at 01:11 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

2008年04月16日

新牧場物語:ピュア イノセントライフ

言わずと知れた名作!

のはずが、最初に出たPSP版はバグ大杉でボロボロだったみたいね。

PS2は特にバグってないし、すげー楽しめた。



今回の主人公はなんとアンドロイドの少年。
牧場物語にアンドロイドをもってくるってSUGEEEE

なんだかやたらとハイテクな牧場物語ですた。



ものすごい広い畑に自分でレールを1マスずつ敷いて、
そこへモーターと出荷用のカゴをとりつけてブーンとかできる。
そしてなんと自分も乗れる。
汽車ぽぽーできる。


そして水まきをやってくれる助手ロボットまで手に入れることができる。
もうすんごい楽。


もうね、もはや「牧場」じゃないね。
なんか住んでるとこ遺跡だしね。

てゆかそもそも家畜とかいらないしね。
農作物の方が明らかに儲かるしね。



今回はトマトやカブみたいな作物の他に、
ラベンダーやコスモスなどの花・ハーブを育てられる。
畑一面コスモスとかチューリップとかやるとものすごいキレイ。
結構見ごたえある。

しかもハーブと花は自分で採取しなくておkという優れもの。
自室のテレビからハーバルなんちゃらみたいなとこに、
「今日花咲いたから、出荷よろ」
と通信するだけ。


水は上記の通り助手ロボットくんがやってくれちゃうので、
畑に種まき→放置→咲いたら通信→オート出荷

この流れである。素晴らしい。





そもそもこのイノセントライフの力の入れどころが、
農作業じゃなくて洞窟探検なんだな。

主人公が住んでる島がどうも火山噴火の危機が迫っているらしく、
それを救うのが主人公の役目。

ストーリーがあるとか、牧場物語もとうとうRPGになってきた。
といっても敵とかが出るわけじゃないんだけど。




洞窟を探検して、宝(クワとかw)ひろって、
開かない扉の封印をといて先に進んでみたりして、
噴火を止めに火の精霊の怒りを鎮めるために水の精霊に会いにいったりして、
農作業しながら本来の「島を救う」って目的を果たすわけだー。


「じゃぁ農作業しなくてよくね?w」と思うんだがしかし、
実は開かない扉と、自分が住んでる遺跡の封印が連動してるもんで、
そうもいかないんだな。




従来の「ほのぼのだな〜。。。」ってのとはちょっと違ったけど、
これはこれで面白かったので全然アリだ。










じゃ、島の危機を救ったっつーことで次いきます。
てゆかもう次いってまs(ry

posted by αяцяц at 01:44 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

2008年04月12日

ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇

相変わらずPS2の日々。
もうネトゲの時代は終わったのかというほどの静けさ。

ということで今回は「ぼくのなつやすみ2」



主人公は小学校3年生の少年。
ただなつやすみを過ごすだけの癒しゲー。

「ぼくのなつやすみ」シリーズは初プレイなんだが、
想像してた通りコレクション要素満載ゲーだった。



蝶・バッタなどなど虫取り網でとって虫図鑑を制覇だとか、
サイダーの王冠を海に素潜りして集めるだとか、
クワガタ・カブトムシで虫相撲に勝つだとか、

結構やることいっぱいだ。



特に「やらなきゃいけないこと」がないので、
自由に動けるだけに見れたはずのイベントが見れなかったりする。

ゲーム内の時間進行は画面スクロール毎。
18時になるとおじちゃんが「メシだぜ」と強引に迎えにきてしまうので、
常に最短ルートを考えながら移動したり。



映像もそれなりにキレーだったし、なにより声優が豪華すぎた。

高山みなみがいたのにびっくり。
他にも田中敦子とか、なぜかダンカンとか(A;´・ω・)

ついこの間ヴァルキリープロファイル2やってて田中敦子がアーリィ・ヴァルキュリアの声やってたのに、
今度はぼくのなつやすみ2でどっかのねーちゃん役とかね。
声優さんてすげーなーとつくづく思う。




ということでこれもコンプしたし、
次のゲームいきます。

てゆか次もういってます。




posted by αяцяц at 10:45 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。